石と木とコンクリートが自然調のお庭 -

> 外構施工例 > > 石と木とコンクリートが自然調のお庭

DSC_0262-2

石と木とコンクリートがおりなす自然調のお庭!

今回はホームページをご覧になってお問い合わせを頂いた、亀岡市のU様のお宅です!

U様はお家が出来た際に、外構はガレージなどの機能的な部分だけしっかり作って、アプローチは砕石のままだっだんです。(おうちの顔になる部分ですのでゆっくり考えていただくために実際に私達でもオススメしていることなんですよ!)そこで今回、保留状態だった外構部分をグリーンプラスでお造りさせていただきました!

 

ポイント1 – 自然素材のアクセント

U様のお家の外構の特徴…それは、敷地が広い!

現在で2台分のガレージが設けられているのですが、まだまだとめられちゃうほど広いです!!

そういう場所が単調になってしまうと、寂しい外構になってしまうので、所々にアクセントを入れて強弱をつけてみました。

特に床面は玄関までのアプローチは人が通る部分ですので、ご主人のご要望の素材、様々な形をした乱形石を貼って視線を斜めに誘うように、直線的で色の濃い枕木を敷きました。

そして、玄関ポーチへの階段はウッドデッキにしちゃったり、石と木の自然素材を使った、とってもナチュラルな仕上がりになりました。

DSC_0273-2

DSC_0282

ポイント2 – 木目調のコンクリート!?

 

コンクリートの門柱です。

っていっても、ただじゃ終わらないです(笑)

普通、打設する際にはつるっとした型枠を使うのですが、今回はそれに杉板を貼りつけて、「木目」のついたコンクリートになっているんです!!

こうすることで味気ない質感に表情が生まれて他の自然素材にもうまくマッチしてくれるんですね!

がしかし!この木目はなかなかキレイに出るものではなかったんです(汗)実際、1度コンクリートを打設してみたものの、表面がガサガサになってしまいました。

DSC_0253

結局その仕上がりには納得できず、お客様に了承を得て、もう一度はじめから製作させていただくことになりました。

U様は、もったいないといった感じで「こういう仕上がりだと思っていたのに。」とおっしゃってくださったのですが、外構はおうちのかおとなる部分、職人目線で納得いくものをお渡しするのが、グリーンプラスのポリシーなんです!

苦渋の解体の後、型枠を組んで再度コンクリートを流す際には一手間加えて、やっとくっきりと表情が出てくれたんです♪

苦労しただけあって、一番の見せ所に遠くから見ても近くから見ても面白い門柱ができました~

DSC_0254-2

 

あとがき…

今回、お客様オリジナルのものがふんだんにつまったものづくりをさせていただきました。

しかも、たくさん植栽をさせて頂き(緑を入れると1割も2割も外構が映えるんですよ☆)見所いっぱいの外構になりました!

DSC_0271

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る

↑ページ先頭に戻る