芋煮会開催レポート -

トップページ > 芋煮会開催レポート


建国記念の日、2月11日に芋煮会を開催!

こんにちは高橋です。建国記念の日、2月11日に芋煮会を開催しましたよ~!
場所はグリーンプラスのお店からちょっと離れた男山レクリエーションセンターで開催したのです。皆さん、ご参加ありがとうございました…ってグリーンプラスのスタッフしか参加していなかったんですけれども(汗)
実家の方では外でつくる芋煮で河川敷がいっぱいになるほど魅力的な味だったので皆さんにも食べていただきたいですね!
そんな、ちょっとさみしい事実でしたがはりきってやっちゃいました(笑)

まずは、薪割りからスタート!

実はこれが一番手のかかる作業かもしれません(汗)でも、この薪がわれた時の感覚が快感なんですよね。パキンッて割れていきます。
そうして焚きつけてたらもう出来てしまったようなもんです薪って火力が強いのですぐにできちゃうんですよ。
直火を見ながらほっこりしたり、川岸さんが「身を清めておかないといけないですね~」といって煙をかぶりだしたり…なんていう冗談をかましているとすぐに焦げ付いちゃうので調理は手早く、牛肉をいためて、大量の日本酒をドバッといれて、肝心のサトイモや野菜を入れ軽く火が通ったところで水を入れて沸騰したら山形から仕入れてきた味付け醤油を入れて出来上がり。

たったコレだけ!!超カンタン!!
でも、こんなにシンプルでもとってもおいしかったですよ~牛肉の旨味が汁から具全体にいきわたって、サトイモの「アツッ」でも「ホクホク、トロッ」として、格別でした(ヨダレ)寒―い外でお鍋を囲んであったまる。
薪の煙の香りに囲まれながらみんなでくだらない話をしてまた鍋をつつく、〆でもスープまできれいにたいらげて、実家東北の芋煮鍋の芋煮鍋に負けず劣らずの鍋ができて、懐かしくもたのしいひとときでした。

木こり自慢「与作杯」開催!

芋煮鍋を食べ終わってパンパンのお腹で与作杯は開催されました。
簡単に内容を説明させていただくと

①10cm角の材料をのこぎりで切った速さを争う競技
②1体1の対戦形式
③ノコギリは5種類のうちからくじびきで決まる!!

5種類のうちにはよく切れるものだけではなく、ぜーんぜん切れないものも。だから技術だけじゃなく運も必要なんです。

そうして始まった与作杯、僕(高橋)の初戦は河岸さんでした。
のこぎりを選ぶくじ引きをすると、河岸さんに「切れないのこぎり」が!!
川岸さん、オイシイとこもっていきすぎです(笑)いざスタートしてみると、植木屋さんでも10cm角はあまり切ることが無いのでゴキゴキと頑張っていました。

僕、普段は中の仕事をしていることが多いので、久しぶりに使ったのですが、切っている時の振動と少しずつ切れていって最後にスパっと切り離れた感触は気持ちのよいものでした!

そんな感じで松本さん対佐々木さん、そうして勝ち進んだ僕と松本さん、シードの山口さんでの決勝戦で対決。そして優勝するのは……

与作杯初代チャンピオンは…

僕(高橋)です!!やったー!!何で外で作業していないのに!?
っていう感じでしたが、運が良かったっていうのもありますね(1番の勝因)
そして優勝者には、なんとトロフィーが!!「杯」なのに?っていうのはさておき、もらうと結構うれしいです(笑)

第2回も開催するそうですが、なぜかあんまり負ける気がしませんね(笑)
さて、私を倒すことの出来るのは誰かな~

↑ページ先頭に戻る